「牧場の朝」オランダ秋祭りに出店します!

おはようございます、居酒屋わか葉です。
朝晩、涼しくなってきました。
そして、鏡石町のイベントのなかでも最大級の「牧場の朝」オランダ秋祭りの季節となりました

居酒屋わか葉は、毎年、「牧場の朝」オランダ秋祭りに特別メニューで出店しています。
お店の正面に出店しますので、いつも通りにいらしてください。

【オランダ秋祭り特別メニュー】
・手羽先唐揚げ
3日前から準備する手羽先の唐揚げです。1本120円、5本入り1パック500円で販売します。
この手羽先の唐揚げは、最初に蒸して、蒸しあがったら調味液につけて、寝かせて、イベント当日にカラッと揚げるんです。
お店では食べられませんので、ぜひこの機会にどうぞ

・アサヒスーパードライ生ビール 400円
・チューハイ350円(レモン、巨峰、青りんご、グレープフルーツ)


【「牧場の朝」オランダ秋祭り】
日時  平成29年9月30日(土)
    午前10時~午後7時
場所  鏡石駅前周辺、本町通り

ステージアトラクション(各種LIVE(和田青児、MANEXILE(マネザイル)ほか)
鏡石中学校吹奏楽
よさこい演舞ほか
チャレンジGOGOスポーツラリー(町制施行55周年の「55」にちなんだゲーム)
かがみんぴっく(スケートボード体験教室、K-1グランプリ(三輪車レース))
御神輿渡御
交通安全鼓笛・仮装パレード(鏡石一小、二小)
世界最古のトラクター展示等





鏡石「牧場の朝」オランダ秋祭りとは、鏡石町内にある岩瀬牧場をきっかけとした秋祭りです。
1993年(平成5)に「国際化オランダ祭り65」を開催してから、毎年開催しているというものです。
鏡石町に住んでいても、意外と歴史は覚えていないものですね~(#^.^#)

岩瀬牧場は、明治天皇の東北巡幸(明治9年)のあと、明治13年に、福島県岩瀬第三御領地内に宮内省開墾所として開設された、日本ではじめての本格的な西洋式牧場です。

この岩瀬牧場は、唱歌「牧場の朝」のモデルとしても知られており、杉村楚人冠が作詞者であることが昭和57年に断定され、それまでの通説が裏付けられたという場所でもあります。

1907年(明治40)には、オランダの酪農家からホルスタイン種牛13頭を輸入し、そのとき、友好の記念として岩瀬牧場に鐘が贈られました。現在は岩瀬牧場歴史資料館に保存されています。

「牧場の朝」の歌詞には、その鐘のことも歌われています。

このような関係から、1995年(平成7)には、駐日オランダ大使ローランド・デン・ベルクさんが鏡石町にいらして、かがみいし日蘭友好協会が結成されることになりました

実は、鏡石町とオランダの関係は明治時代にまでさかのぼる、100年以上の間柄なのです(^^♪


参考サイト
鏡石町 鏡石神社(鳥見山神社)と岩瀬牧場
岩瀬牧場
鏡石「牧場の朝」オランダ秋祭り


9月30日、オランダ祭り会場でお待ちしています